FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェスティバルグリオのプレイベント@BAMAKO

マリで開催される弦楽器のフェスティバル ”フェスティバル グリオ”
プレイベントがバマコで開催されました。


”フェスティバル グリオ”のオーガナイザーであり、AIKOBATEPCUMA の代表である
在日マリ人ギタリスト/伝統弦楽器奏者 ママドゥ ドゥンビアより
10月9日に開催されたプレイベントの報告がありました。
(マリ共和国労働省共催)



40873_1343709807587_1676492309_705866_6702273_n.jpg

minister of labour (労働(省)大臣)のスピーチ
minister of labour (労働(省)大臣)のスピーチ

October 9, 2010-pre event with minister of labour

this was a mini live event for the minister of labour of mali on national TV(ORTM),these musicians are trained here,and everybody else who will be trained here will be given a certificate approuved by the minister of labor and signed by toumani at the end of the workshop, starting in december for mali nationals, and for... foreigners at the end of the first AIKOBA(atelier international de kora de bamako) and this every year....ouf... very happy.

-the date of the workshop and the griot festa was announced on mali national TV(ORTM) on saturday 9th 2010.

---the first edition---

-from february 11th to 18th AIKOBA and february 19th and 20 griot festa.

Report from Mamadou DOUMBIA/ a organizer of fes. Griot,
representative of AIKOBA and TEPCUMA

   ****** ******* ******* ********


画像が少し見づらいですが、プレイベントの様子をご覧下さい。


この日の演奏者はこの場所で楽器の演奏、製作を学んでいるみなさんです。


AIKOBA(atelier international de kora de bamako) は、2011年2月11日より
世界中からコラワークショップ受講希望者を受け入れ、
第一回のワークショップを開催します。

この第一回のWSは、AIKOBA-CFPT(Atelier International de Kora de Bamako-Centre de formation professionnelle Toumani) の記念すべきスタートとなります。

*AIKOBA-CFPTはTEPCUMAが企画、製作、運営しています。TEPCUMA=Tout pour l'Expansion et la Promotion de la Culture Mandingue:代表ママドゥ ドゥンビアがマリの伝統音楽と伝統工芸(楽器製作等)の振興、発展、保存継承の為に設立したNGOです。)


33605_1343727128020_1676492309_705925_2261298_n.jpg
66274_1343726848013_1676492309_705924_3807262_n.jpg
KORA:NGONI:BALAFONアンサンブル


AIKOBA-CFPT、TEPCUMAのこれからの活動をご期待&ご支援ください。
スポンサーサイト

コラワークショップツアー スケジュール、参加費、ご参加の注意事項等

ワークショップスケジュール、
ワークショップツアーの詳細、
ご参加に当たっての注意事項等をお知らせします。



MamadouZANI_convert_20101014133909.jpg
photo:TSUKASA AOKI (写真はフェスティバルでの演奏楽器の参考イメージです)


【スケジュール】

2011年

2月10日バマコ集合
2月21日バマコ解散

     ♪ ♪ ♪

*スケジュール例
エアフランス利用の場合

(利用飛行機会社で異なります。また航空会社のスケジュールは変更する可能性もあります。
ご利用の航空会社又は旅行代理店にてお問い合わせ下さい。):

9日(水)成田発、
10日(木)夜バマコ到着

11日(金)バマコ市内観光、マリ国立博物館見学
12日(土)~18日(金)

   午前:朝食
    午前 :フリータイム又はワークショップ受講又は
      (*午前はオプションのため受講料やフリータイムの行動はツアー参加費に含まれません)

   午後:昼食後 14:00~18:00 WS
    夜: 夕食、フリータイム

19日(土)フェスティバルGRIOT
20日(日)フェスティバルGRIOT
(このツアー参加者は会場内で開催のワークショップは無料で受講できます。)

21日(月)夜 バマコ発
       パリ経由にて帰国(23日 日本着予定(午前、午後、夜着の便など)


【参加費】

185,000円または1,400ユーロ

航空券代金は含まれません。
航空券は各自でご手配ください。
ご希望の方は旅行代理店をご紹介いたします。


【参加費に含まれるもの】

1. 宿泊代金/バマコ(トゥマニ・ジャバテ ゲストハウスまたはそれに準ずる宿泊施設)
2. 食事(朝11回 昼11回 夜11回)
3. 到着日:空港から宿泊施設、出発日:宿泊施設から空港の車両使用費用
4. WS会場及びフェスティバル会場への往復交通費、及び市内観光の車両使用費用
5. 午後のWS参加費
6. フェスティバル入場料(2日間、フェスティバル会場内で実施されるWS、レクチャー参加費を含む)、
7. 11日の市内観光、バマコ博物館入館料


【ご参加にあたって】

1. 本企画はワークショップは現地集合、解散による個人旅行です。
    参加にあたっては必ず海外旅行傷害保険にご加入頂下さい。
2. 空港への送迎は企画関係者が必ず行います。
    空港では悪質業者が不正に空港内に入場し、
    関係者になりすます等の状況が予想されますので、
    できるだけ参加者同士同じフライトを利用され、必ずフライトスケジュールを
    事前にお知らせください。
    旅行代理店のご紹介も可能ですのでお問い合わせ下さい。
3. マリ入国には、マリ入国査証の取得、黄熱病予防の接種が必要です。
    接種実施機関が限られており予約に時間がかかる場合もありますので、
    3ヶ月前頃より接種計画を立てる事をおすすめします。

4. 現地ではママドゥ・ドゥンビアまたは代理人が参加者のアテンドをいたします。
5. 現地での個人消費(水、アルコール、ソフトドリンク、お土産、所定外の食事など)、
    入国査証、予防接種、楽器購入費用、スケジュール外のWS受講料等、
    「参加費に含まれるもの」に記載のないものは各自でご負担ください。
7. その他、戦争、自然災害他、不可抗力の事情により予定が変更又は
    キャンセルの場合は企画規定において誠意をもって対処いたします。
6. ツアー説明会も予定しています。申し込み方法、参加費のお支払い方法等、
    詳しくはお問い合わせください。


<●>♪<●>♪<●>♪<●>♪<●>♪<●>


【お申し込み/お問合せ】


*スパムメール防止のため(あっと)を@に置き換えてご送信ください。

1:質問や詳しい資料請求の場合→
fes.griot(あっと)gmail.com

2:コラまたはその他の楽器をご注文、現地での受け取りご希望の場合は
必ず3ヶ月前迄にお申し込みください。
ツアー参加者は通常料金の50%offとなります。→
toumanicora(あっと)yahoo.fr

3:コラの注文、日本でのお受け取り希望の方→
jaliya55(あっと)gmail.com


【お問い合わせ:申し込み/フェスティバルGRIO日本事務局】

fes.griot(あっと)gmail.com
TEL/FAX : 0470-94-5351

トゥマニ・ジャバテとそのファミリーによるコラのワークショップツアー

”フェスティバルグリオ”に先立ち
世界的コラの名手、トゥマニジャバテとそのファミリーによる
コラ ワークショップツアーのお知らせです。
コラ=21弦のアフリカンハープ)




コラ ワークショップ

開催日程:2011年2月10日(木)~21日(月)

指導:  トゥマニジャバテ ファミリー

”フェスティバルGRIOT” 開催にあわせ、「コラワークショップ開催!

コラはこのフェスティバルにおいて、中心的な役割を果たす楽器となります。

かつてはグリオのみが触れる事の出来る楽器であり、
王に捧げる演奏に使用されました。

欧米ではアフリカンハープとも呼ばれ、その繊細で神秘的な音色は
聴衆に強いインパクトと安らぎを与えます。

このコラ ワークショップは世界的なコラの名手、
トゥマニジャバテとそのファミリーを講師に迎えコラの魅力を存分に伝えていただきます。



★コラ以外の楽器

ンゴニ、バラフォン、アフリカンギターなど
各種楽器演奏の為のWSをご希望の方も参加可能です。

お気軽にご相談ください。


★宿泊/食事:滞在

講師であるトゥマニファミリーのゲストハウスでの宿泊となります。

演奏の手ほどきを受けるだけでなく、食事も生活もマリスタイル。

現地の人達と過ごす12日間は、マリの文化、生活をまるごと体験できるまたとない機会です。

アフリカ音楽の神髄を学び、その音楽の多彩さ奥深さを感じてください。
 


ツアー内容については次のページでお知らせします。

SOUL OF WEST AFRICAN MUSIC ~FESTIVAL GRIOT in MALI~

~ようこそ 
アフリカン クラッシックの世界へ~

アフリカと言えば打楽器、とイメージする方は多いでしょう。

けれど、実際にアフリカ各国に行ってみると、
如何にメロディー楽器、とりわけ、弦楽器の多彩さに目を見張ります。

そこで、在日20年、マリ共和国出身のギタリスト/伝統弦楽器奏者である
ママドゥ ドゥンビアが故郷のマリで弦楽器のフェスティバルを開催することになりました。


  *  * * * *

【フェスティバル GRIOT (グリオ)】

開催日程:2011年2月19日(土)、20日(日)

世界初、西アフリカの伝統楽器による音楽フェスティバル”GRIOT”。

コラ、ンゴニなど個性豊かな音色をもつ楽器と国宝級の奏者が一堂に会する、
まさに“アフリカンクラッシック”の祭典です。


その記念すべき第1回が来る2011年2月、
マリ共和国の首都、バマコで開催されます。


国立楽団マリ
photo:sewoma (この写真はフェスティバル演奏グループのイメージであり、本グループが出演することを保障するものではありません)


ライブ演奏、楽器のワークショップ、音楽文化のレクチャーなど魅力的なプログラムが満載。

15才以下のアマチュアコンクール、アフリカ人以外の参加者対象のコンクール等も
今後の企画として予定されています。

また、フェスティバル日程にあわせた観光ツアーコースも
ご案内いたしますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

フェスティバルグリオのブログを開始しました。

第1回「Festival Griot (フェスティバル グリオ)」と「コラワークショップツアー」マリ共和国にて開催!


~THE SOUL OF WEST AFRICAN MUSIC~

西アフリカ伝統弦楽器とそのアンサンブルによる音楽祭
   及び
コラワークショップツアー

に関する公式ブログを開始しました。



詳しいお知らせを順次アップしますので
ご質問等、どんどんおよせください。



【フェスティバルGRIO】
開催日程:2011年2月19日(土)、20日(日)
会  場:マリ共和国バマコ


【コラ ワークショップ in MALI】
開催日程:2011年2月10日(木)~21日(月)(現地集合/解散)
指導:   トゥマニ・ジャバテとそのファミリー
会  場: マリ共和国バマコ


【主催】
TEPCUMA-MALI

【後援/協力】
Les Ateliers Toumani Diabate, Barou Diallo SOUND,
Pamela, Africable TV,
Africable TV station(予定)
as of June, 2010


【フェスティバル、ワークショップとそのツアーに関する
お問い合わせ:フェスティバルGRIO日本事務局】
プロジェクトハーモニー
fes.griot(あっと)gmail.com *スパム防止のため(あっと)を@に置き換えてご送信ください。
TEL/FAX: 0470-94-5351
プロフィール

マリクンダ/コードデュモンド日本事務局

Author:マリクンダ/コードデュモンド日本事務局
Association TEPCUMA-tout pour l’expansion et la promotion de la culture mandingue

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。